応募する際の電話のかけ方

飲食店の求人サイトを見て応募する際の電話のかけ方

求人サイトを見て飲食店のアルバイトや社員に応募する場合、サイト経由の応募と電話での応募の両方ができる場合があります。どちらでも好きな方を選んで良いのですが、電話での応募は直接担当者と話ができるためいくつかのメリットがあります。お店の雰囲気が分かりやすいこと、応募の前に解消したい疑問点がその場で質問できること、面接などの日程調整がスムーズにできることなどです。しかし、実際にお店に連絡をする際はいくつか気をつけなければいけないことがあります。

まず、飲食店の場合、混雑している時間とそうでない時間の差がかなり激しいことがあげられます。お店にもよりますが、飲食店の混雑のピークはお昼時12時~14時頃と夕方5時以降であることが多いでしょう。そのため、その時間の連絡はたとえすぐ終わる内容であったとしても避けなければなりません。相手側も対応する時間がほとんどない上に、忙しい時間に連絡をしてくるような応募者と悪い印象を与えてしまう可能性もあるからです。また、午前中の早い時間などは、営業開始時間が遅い飲食店ではスタッフが不在の場合もあります。

営業時間中であっても、求人への応募をするのに深夜の連絡というものもあまり相応しくないでしょう。自分が応募したいお店の営業時間を調べた上で、一般に常識的な時間と判断される時間に連絡するのがマナーです。これらをふまえると、多くの飲食店で比較的手のあいていることの多い時間帯である午前9~11時、午後2~5時頃までが良いと言えるでしょう。

次に電話のかけ方です。まず、最初に「○○という求人サイトを拝見してご連絡させていただきました○○と申します。採用担当の方はいらっしゃいますか。」と伝えます。ポイントとしては「何を見て連絡したか」と「自分の名前」を伝えることです。担当者が出たら同じことをもう一度言いましょう。求人に応募したい旨を伝えて面接日が提示されたら、「○月○日○時ですね。」と間違いのないよう必ず復唱し、都合がよければ「かしこまりました。

よろしくお願い致します。」と伝え、都合が悪ければ「大変申し訳ありませんが、その日ははずせない予定がありまして別の日で調整していただけますか。」と別の日の面接をお願いしましょう。面接日が決まったら当日持っていくものがあるかどうか確認し、電話を切ります。その際、きちんとお礼を言い、相手が切るのを待ってから自分も切ります。

直接お店の人と話をするのは緊張するという方もいるかもしれませんが、これらのことに気をつけていれば難しいことではありません。メリットもたくさんありますのでぜひ勇気を出して電話をしてみてはいかがでしょうか。